2008年01月26日

いかの肝焼き

1/7の塩辛の時には、他のいか料理もやってます。
おすすめなのは、いかの肝焼き(いかのわたのホイル焼き)です。

いかの肝焼き

お刺身用などのいかを買ってきて、身を切らないで、わたを出します。指を突っ込んで、引っ張る感じですね。
身は、ゲソとわたを詰めるので切らないでください。

出したワタから墨の部分を取り除きます。ゲソの部分とワタの部分を切離しておきます。

身は、ワタを取った後の中を洗います。

その後、ワタとゲソを洗った身の中に入れ込み、つまようじなどで出てこないように止めます。

いかの肝焼き

そのままホイルののせて、ネギなどを好みで上にのせて、ホイルで包み、魚焼き器などで焼きます。
時間は火の加減で変わるので難しいのですが、7〜8分ぐらいです。
身の中まで火を通す必要があるので、弱火で長い方がいいのですが、あまりやると焦げます。うちでも、これなら というコツはまだつかめてません。^^;
開けてみて生焼けの場合は、もう一度火にかけるか、電子レンジをしてしまうのがいいかもしれません。
または、下のレシピにあるように、オーブントースターの方がこげなくていいかもしれません。

焼きあがったら、ホイルを開けて、食べやすいように、中身を切った方がいいです。
このとき、お汁は捨てないでください。

出来上がりは、冒頭の写真です。
この日に作ったのは、ちょっと焦げちゃったんですけどね。^^;

ワタと絡めて食べてください。
ワタの旨みといかの身自体の旨みでうまく混ざり合って、うまいんです。一度やると、また食べたくなりますよ。
もしかしたら、刺身を食べるよりうまいかも?しれません。笑

いかの身を全部食べた後に、さらにお楽しみがあります。
残った汁をあったかいご飯にかけて食べてください。若しくは、お汁にご飯を入れて食べてください。
これ、めちゃめちゃうまいです。ワタと身の旨みをしっかりと味わうことができます。

なんとなく、残った汁を見てると、ものずごくこってりしてて、そこにご飯を入れて食べるなんて、もう、身だけで十分 と思えるのですが、騙されたと思って、是非一度お試しください。
病み付きになること間違い無しです。(^^)

いかの肝焼きの後のご飯

めちゃめちゃうまいです!

あるおすし屋さんで聞いたのですが、
もんごういかなど、中におっきな板が入ってるのは、火を入れるとだめで、おいしくなくなるそうです。だから刺身やお寿司で生で食べるのがいいそうです。
剣先いかややりいかなど、中に薄い棒?の骨が入ってるものは、火を入れてもとおいしい らしいです。
なので、やっぱり、ここで紹介した料理は、おいしく頂ける料理なのだと思います。

ちなみにこの日は、ちゃんといかのお刺身も食べてます。

いかのさしみ

それと、鯛のから揚げ も食べちゃいました。(^^)

鯛のから揚げ

鯛と言っても、小さな鯛で、こんな風に、フライパンで少量の油で揚げた という感じです。
でも、結構おいしかったですよ。

鯛のから揚げ 調理中

時折、こんな風に垂水の商店街の魚屋さんで買い物をして楽しんでます。
垂水の魚屋さんは、ひるあみと言って、朝から獲ってきたものがお昼のセリで落とされて、お昼ぐらいからお店に並びます。新鮮なものが並ぶので、なかなか楽しいですよ。
いかなんかは、垂水で獲れたものではないでしょうが…。笑

イカのワタのホイル焼き by お茶丸 [クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが30万品!
http://cookpad.com/ochamaru/recipe/226620/

レシピ イカのワタのホイル焼き by お茶丸

こんなのもあるんですね。今度やってみよう!

烏賊わたのホイル焼き by 紅吉 [クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが30万品!
http://cookpad.com/absolute/recipe/209662/

レシピ 烏賊わたのホイル焼き by 紅吉

いかのわた焼き│レシピ検索 COOKING BOX│ミツカングループウェブサイト
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/recipe/index.asp?id=4177

佐世保魚市場株式会社|特鮮レシピ|いか
http://www.sasebo-uoichiba.co.jp/recipe/011001/ika.html#3




posted by mizar | Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。